method

メソッド

Simonit&Sirch メソッド

 

このSimonit&Sirchメソッドは、すべての形態のブドウ育成に適合させることができる4つのシンプルな規則に基づいています。我々の経験から、ブドウの自然な分枝能力は長くて健康ないのちを確保するための鍵であることを、剪定を通して学びました。

 

 

 

 

 

 

1

制御された分枝

 

構造に形状を与える

 

植物の構造に認識可能な形状を与えること。剪定師はコントロールされた分枝の生育を栄養の「逆戻り」を避けながら、一定の空間 ( ㎝/年
)内で植物が生長できるようにします。このようにして、栽培のシステムによって異なる、より認識可能な形状を取ります。

 

 

 

 

2

流れの連続性

 

苗に向かって、そして根に向かって

 

Simonit&Sirchメソッドの第二の原理は、植物の構造、つまり根と苗をつなぐの器官を通過する樹液の流れの連続性に基づいています。

 

 

 

3

切り口と輪状

 

切断面を減らし、輪状の芽を尊重する

 

Simonit&Sirchメソッドの第三の原理は、樹齢1~2年の樹木に対する小さなカットを行います。このように手を加えることで、切断面が縮小され、結果、内部乾燥の広がりが最小限に局限されます。

 

 

 

4

リスペクトの木

 

植物のための、より特別な防御

 

樹齢2年の木を剪定する際、リスペクトする木の一部を残すように気をつけます。この対策により、切断による乾燥領域を樹液の主流から離すことができます。

 

 

 


ギヨー法&コルドン法のブドウ剪定マニュアル

マルコ・シモニットが署名したマニュアル オンライン購入

購入


Back to Top